ホーム > ベリーダンス オリエンタルダンス について > レッスン着は何を着ればいい?

はじめての方へ
体験レッスン
発表会・イベント
ベリーダンスについて
ヨガについて
よくあるご質問
会員規約
ウェブ入会
ベリージャムダンススクール

Chillout Studioの姉妹校VeryJamDanceSkoolのホームページ。

レッスン着は何を着ればいい?

fukuso.jpgGOOD・・・そのままヨガができるような服装がベストですが、とりあえずはお家で着ている部屋着で大丈夫です。
上:大きすぎないTシャツやキャミ、タンクトップ等でじゅうぶんです。ヨガやフィットネス用のブラトップやプラスベリーダンス向のチョリ、ボレロ等でも。
下:窮屈でないロングパンツや、レギンス等でOKです。またはヨガパンツ、ローライズのパンツ等。ハーレムパンツ等でも。なお、インド風の広がるスカートも可ですが、先生から動きが見えないので最初はなるべくパンツをおすすめします。先生によっては、スカートや裾が広いパンツはNGの場合もありますのでご注意。
足元:基本的には裸足で踊ります。足が冷える方、ターンやステップが多いクラスで裸足が辛い方は、最近よく見かけるフットカバーや、バレエ用のシューズ等を履いたほうが良い場合もあります。先生によっては履物NGの場合がありますので注意。

普通NGなのは・・・?
露出しなくても大丈夫ですが、体型を隠し過ぎないほうがご自身も動きやすく、先生からも見やすいです。

上:フワフワとしたワンピース、トレーナー、パーカー等、身体のラインがまったく見えないもの。


下:ショートからハーフのパンツ、ミニスカートやマーメイドスカート、ジーンズ等は、脚を開いたり、しゃがんだりする際にとても動きにくいので避けてください。
足元:普通の靴下はまた、足元の踏ん張りが効きにくく、足が滑って危険ですので、ダンスに慣れていない方はフローリングの上で滑りにくいものをご使用ください。冬期はOKな先生もいます。



*先生によっての見解の違いがあるとすれば...*

「ちゃんとできているか動きが見えるようにお腹を出すように」と言われる場合

カッコ悪いから、太いから...とずっと隠していると、お腹周りの動きが出来ているのかどうかがわかりにくいということがあります。
人目に晒しておいた方がキレイになれる という事もあるようですが...
でも、初心者クラスではとりあえずはお腹の出ないキャミかTシャツと手持ちのパンツという人がほとんどですので、ご心配なく。


「臓器の詰まった大切なお腹を冷さないように  ショーやステージでもない時にあえてお腹を出さなくていい」「他にもっと色々気を配ることがあるので、普段お腹を出す意味は無い」と言われる場合

お腹を出してレッスンしている方は、よほど激しく踊っていない限りは、レッスン中に自分のお腹や腰を触ると「ヒヤっ」とするのがわかると思います。
ダンサーにとって大切な腰も冷える ということもあり、高名なダンサーでもお腹を出してレッスンをしない方はとても多いです。
また、名前からしてお腹の踊りと勘違いされがちですが、実際は全身を使う踊りですので、お腹を出すことにそれほど意味が無い場合もあります。 レッスンでは、レオタードとレギンスがベスト という先生もよくいます。ぴたっとしたキャミにチョリを重ねたりというオシャレもよく見かけます。

newsca.jpg そして、プラス、腰に巻けるくらいのスカーフやショールがあれば、講師があなたのヒップの動きを見るのに役立ちますが、初回からお持ちでなくても問題はありません。
最初よくわからなくてウエストに巻く人もいますが、ベリーダンスのヒップスカーフは腰の一番出っ張った所に巻き、床と水平になるようにしっかりと縛ります。
スカーフを巻くことによって、踊りにもスポーツにも重要な丹田に意識を置く助けとなり、身体を部分的に動かす際の目安となり、また、ハッキリとしたヒップの動きができているのかかどうかがわかりやすくなります。
しかし、絶対にないとダメなわけではありません。上記のような理由もありますが、正直、あれば単にそれっぽい雰囲気が出る...というところもあります。

今は通信販売等も増えましたので、日本でも様々な種類のスカーフが手に入ります。 価格は1,000円ほど(ほぼ中国、韓国製)から10,000円くらい(ターキッシュ、エジプシャンなど)まで様々。
凝ったデザインはエジプトの物に多く、軽く扱いやすいのはトルコ製が多いですが、最近はインド、中国、バンコク製などもたいへん多く出回っています。

フラメンコのシージョのような、コインの付いていないタイプも色々あります。 なお、コインが付いたものを水洗いしないようにご注意ください。(錆びてしまいます) scare.jpg

Chilloutでもエジプトやトルコ製のコインやビーズがついたヒップスカーフを多数販売しています。腰に巻いて踊るとシャラシャラと音が鳴って、ダンサー気分も盛り上がります。

大人数でのワークショプ等に参加する際には、音楽や先生の声が聞こえやすいよう、音のしないスカーフを付けるのは参加者マナーのひとつです。
また、あまりヒラヒラした服装(ベルスリーブのチョリ、裾広がりやスリットのパンツ、コインたっぷりのロングスカーフ等)よりも、なるべくシンプルな格好(キャミ、レギンス、短めスカーフ等)のほうが、動きがわかりやすく、目が届きやすいですので、先生からの印象も良くなりますよ。ご参考ください。

>>運動効果は?