ホーム > ベリーダンス オリエンタルダンス について > ベリーダンス オリエンタルダンスの歴史

はじめての方へ
体験レッスン
発表会・イベント
ベリーダンスについて
ヨガについて
よくあるご質問
会員規約
ウェブ入会
ベリージャムダンススクール

Chillout Studioの姉妹校VeryJamDanceSkoolのホームページ。

ベリーダンス オリエンタルダンスの歴史

cabaret_sum2.jpgベリーダンスという名前は近代のアメリカ等を中心とした西洋での呼び名で、中東およびその他のアラブ文化圏で発展したダンス・スタイルをまとめて総称するために造語された呼称です。

アラビア語圏では「ラクス・シャルキ Raqs Sharqi(東方の踊り)رقص شرقي」、エジプトではラクス・バラディ(Raqs Baladi またはBeladi(国産の、自然の、民族舞踏)رقص بلدي 」とも呼ばれています。

1900.jpg ベリーダンスの歴史には諸説ありますが、1893年、この踊りがシカゴ万博で紹介された頃から「ベリーダンス」という名称が欧米諸国に広まったようです。

世界中の文化や発明が披露されたシカゴ万博の中でもエジプト中央部の民族舞踊は、訪れた人々の話題の的でした。ヒップ、肩、お腹をくねらせたり、震えるように踊るその踊りは、英語で、「Belly ベリー(お腹)のダンス」と呼ばれました。
「バラディー」の聞き間違え...?という話もあります。

この踊りが、いつ、どこで生まれたのか ということについては、いまだに明確にはなっていません。
中東、西アジア、ギリシア、キプロス、エジプト、そして北アフリカなどに起源があるのではないか(またはそれらがミックスされたものなのではないか)
古代の豊穣神崇拝に関係した祭儀的な踊りが起源なのではないか...
古代オリエントの母体信仰を起源とした踊りなのではないか...
など、など、諸説があります。

例えば、古代エジプトでは出産を助ける三人の女神を奉って、繁栄と豊穣を祈願し、女性による女性のためのダンスが踊られていたそうです。
今でも、砂漠の民であるベドゥインは出産している女性のまわりでダンスをします。
現代のエジプトでも、結婚式の時にはかならずベリーダンサーを招き、花嫁と花婿は子孫繁栄を祈願して、その手をダンサーのお腹におきます。

haremm.jpgお腹をふるわす振動(シミー/シュミ)の動き、さらに、腕から手を柔らかく優美に動かしながら、腰は激しくリズミカルに動かし、そして頭は横にスライドしたりと、身体の各部をアイソレーションさせて個別に、すべてを同時に行うのがいわゆるベリーダンスを踊る上での特徴と思われます。

こういった動きは、歴史あるインドの古典の踊りにも観られることから、古代インドからのジプシー移民が、中東の文化へ影響をもたらしたのではないか ともいわれています。エジプト人はこれらのジプシーを「Ghawazee ガワジー(心の侵入者)」と呼びました。

寺院で踊られる神聖なものとして、また、日常の娯楽や、お祝の方法として、このダンスは踊り継がれてきました。
古代から近代にまで、結婚、出産、収穫といった特別の場合においても、浄化、医療的な儀式としても使われてきました。

sulta.jpg トルコでは、「ギュベク(へその踊り)」、「オリエンタルダンス」と呼ばれるベリーダンスは8000年程も前の古代アナトリアで生まれたといわれており、ここでは女性だけのものでは無く、子供から年輩者までの家族全員に生活の一部として親しまれてきたようです。
栄華を誇ったオスマントルコ時代には王族や貴族の祝宴の為の踊りで、ダンサーはみなさんの持つアラビアンナイトのイメージ通りに王室御用達の踊り子として高い地位についていました。

しかし、7世紀、イスラム教が生まれ、預言者は、「歌や踊りは魂を惑わす」として、こういったものを嫌いました。このイスラム教の発展に伴い、迫害されたダンサーは街頭へ出ることを余儀なくされ、いわゆるジプシーダンサーとなる者も多くいたのではないかとも考えられています。

gyps.jpg この、Gypsy(ジプシー)というヨーロッパでの呼称は「エジプトから来た者たち」に由来するといわれていますが、ジプシー=エジプト人だという誤解、ジプシーという言葉が偏見に基づいて使用されることなどを理由に、最近では彼らをロマと呼ぶことが多くなっています。

実際は北インド起源の移動型民族である(現代では定住生活をする人も多い)ロマニ系からそう呼ばれるようですが、ロマという呼称は、ジプシー全体を指すものではないので、注意が必要です。
彼らはジプシー、ボヘミアン、ヒターノ等と呼称されることがありますが、それを嫌うグループもいます。
また、すべてがロマ民族というわけでもなく、ロマという自称を使わないグループも存在します。

さて、彼らジプシーダンサーや演奏家たちは、ヨーロッパ各地や北アフリカを流浪し、彼らが持つ文化は、訪れた現地の文化と混ざり合いました。
ベリーダンサーが使う、指につけて叩くフィンガーシンバル(ジル/サガット)は、フラメンコで使うカスタネットの原型だともいわれており、インドから来たジプシーダンサーによって各地に伝えられた踊りは、スペインのフラメンコにも影響を与えたといわれています。

histr.jpg ジプシー=楽しく歌って踊っている放浪の民 というイメージを持つ人が多いのですが、それはかなりステレオタイプ的な考え方であり、ヨーロッパでは、ジプシーという言葉に、差別的なニュアンスを持っている人もいます。
流浪の民と定住者とでは、文化の違いが原因で軋轢が生じ、積もり積もって誤解を形成したのが原因なのでは...と現在では考えられていますが、ベリーダンスに興味を持つ人は、やはりいわゆる「ジプシーの踊り」に触れる機会も多くなりますので、彼らがいまだ様々な問題、紛争を抱えているという事実については、忘れてはいけないでしょう。

時代は近づき、
19世紀頃、当時イギリスの支配下だったエジプトの中にも、西洋風の上流社会が生まれました。
このイギリスの貴族達相手のショービジネス界で、エジプトのダンサーによって演じられたのは、豊満なヒップやお腹をゆさゆさ揺り動かしたり震わすような、何とも不思議な踊りでした。
西洋の上流階級の女性は、ここ何百年の間も、コルセットでウエストをギュウギュウと締めつけていました。
男性から見て、折れそうに細いウエストこそが魅力的、セックスシンボルだとされていたからです。

ヴィクトリア朝の感覚が支配していた時代にあって、最初はとても奇異に見えたであろうエジプトの女性達が踊るダンスは、抑圧された女性達の目にはとても大らかであり、自然で、自由で、解放された、とても楽しげなものに見えたことでしょう。

soheirzaki.jpg 20世紀に入り、1930年代には、エジプトのダンサー、振付け師たちは、これまでの土着的な民族的な踊りをステージで踊るエンターテインメント・ダンスとして発展させ、西洋のバレエ的な要素も取り入れられていきました。

トルコのベリーダンスでは、エジプトのようにダンサーの踊りの様式や衣装に制限が無かったため、さらに激しく派手な演出がされるようになっていました。

トルコやイラン、アラブ諸国からの移民がニューヨークへと移住を始めた1930年代から1940年代にかけて、ダンサーたちはナイトクラブやレストランでそれぞれの持つ民族的な踊りのスタイルをミックスしたダンスを披露し始めました。
「クラシック・キャバレー」、「アメリカン・ビンテージ・キャバレー」と呼ばれるこれらのベリーダンス、その踊り手はアナヒッド・ソフィアンやアルテミス・ムーアのように、名手として名を知られている人々の祖母や曾祖母に当たる人々です。

banu.jpg そしてこの頃に、ハリウッドでは多少間違ったイメージの東洋のファンタジーを映す映画衣装として、とてもセンセーショナルなキャバレースタイル「bedleh」(ブラ&ベルトのいわゆるベリーダンススタイル)が作り出されました。
それは今でもベリーダンサーの主流の服装のひとつとなっています。

ベリーダンス/オリエンタルダンスの現在の流行の源は、1950年代から1960年代にまでさかのぼります。
ニューヨーク等のような大都市のエスニック系ナイトクラブの多くは、ギリシャやトルコレバノンやシリアのような地中海沿岸諸国からの移民の人々によって経営されていました。
この頃の多くのダンサーがギリシャやトルコをルーツとしていて、同様に生粋のアメリカ人ダンサー(?)も次第に数を増していきました。
アメリカ人ダンサーたちは、ギリシャやトルコのダンサーのダンスを模倣し、さらに自らのダンスを磨いていきました。

tribal_sumi.jpg近代、この踊りに注目したのは、アメリカを中心とした欧米のフェミニストだといわれています。
近年のベリーダンスは、女性が自らの性を愛し、謳歌し、自らを自由に表現する踊りとして、フェミニズムの台頭と共に人気を集めてきました。
さらに、アマゾネス的な要素を強く打ち出した踊りとしては、ここ数十年に一気に踊る人の人口が増えてきたトライバルベリーダンスが挙げられます。

今では欧米のかなり辺鄙な土地にもベリーダンスが習える教室はあり、ドイツをはじめとし、ヨーロッパには専門的に技術を習得する為の学校も多数あります。ここ4-5年のうちに、韓国や中国、台湾等でも非常に盛んになっています。

今、第二次とも三次ともいわれる世界的なベリーダンスブームが訪れているといわれていますが、この踊りの持つセクシーさ、エロティックな面だけを取り上げると、それは過去の時代への逆戻りにも近くなるように感じます。
細く長い脚、くびれたウエストは確かに魅力的ではありますが、しかし、この世の女性全員がスーパーモデル体型を目指す必要があるのでしょうか?
何らかの興味を持ってこのページを読まれた方は、ぜひ、これからベリーダンスの持つ本質について考えてみてください。
そして、その人の持つ内面、性格、人間性が不思議と滲み出る、カジュアルなのに芸術性が高い踊り、ベリーダンスを始めませんか。

cabaret_ham2.jpgベリーダンスの持つ不思議な魅力の一面として、近年にブームとなったヨガのような癒しの効果もあることから、ホリスティックな点でも注目を集めています。
中東の多くの場所では、この踊りは女性によって女性のために、お家の中などで踊られています。
お互いの美しさを認め、たたえ合い、憂さをはらし、楽しむために踊られる踊りです。

Chillout Studioは、この踊りを踊る人すべてが、体型や上手下手、年齢等を気にせずに自身の内側を開放し、自由に楽しく生きられることを願い、クラスをご用意しています。

>>Chilloutでのクラスの対象者