ホーム > ベリーダンス オリエンタルダンス について > 現在のベリーダンス

はじめての方へ
体験レッスン
発表会・イベント
ベリーダンスについて
ヨガについて
よくあるご質問
会員規約
ウェブ入会
ベリージャムダンススクール

Chillout Studioの姉妹校VeryJamDanceSkoolのホームページ。

現在のベリーダンス

現在、踊られているベリーダンスには多くのスタイルがあり、スタイルごとに衣装や振付、音楽のリズム、雰囲気などが異なります。
hipsc.jpg 近年以前以上に人気をみせるエジプシャンスタイル、またターキッシュスタイル、オリエンタルスタイルの他、Aziza、Ansuya他に代表されるショーアップされたビンテージキャバレースタイルのベリーダンス、ファットチャンス(C)に代表されるATS(C)-アメリカントライバルスタイルベリーダンス(C)、それを発展させたRachel Brice他に代表されるTFS-トライバルフュージョンベリーダンス、進化系のITS、またゴシックベリーダンス等の踊りもあります。

エジプトのホテルのショー等では大人数の楽団による演奏や、タブラ演奏で踊られることも多いですが、欧米ではもう少し軽い演奏、シンセサイザー等の打ち込み音を駆使した演奏や、もちろんCD等の録音でも踊られます。

日本では専門的な教育を受けたダンサー以外は、国によっての音楽やスタイルの違いをあまり考えずミックスした形のオリエンタルダンスを踊る場合が多くなりますが、近年は本場で活躍または指導するダンサーに直接師事するダンサーも増えました。

ショービズの世界、アメリカではショーアップのためにプロップ類(小道具)を多用することが多く、ここ数年では透ける素材のISISウィング、ファンベール等、新しいプロップを生み出しています。

イシスウイングや、様々な素材や形のベール等は、アメリカのダンサーが使い始めたもので、元は伝統的な物でもなんでもなかったのですが、外国の観光客相手に踊るダンサーの多いトルコやエジプトにもそれらが流れ込み出し、現在では伝統的な踊りとアメリカンスタイルとで混沌としてきています。

世界的には、その踊り自体は、伝統的なアラビアのクラッシック音楽からポップス、レバノン、またトルコ等の音楽等で踊るのが主流です。その音楽には伝統的なものはもちろん、フラメンコ、スパニッシュ、インド音楽、バングラ,ヒップホップ等のアレ ンジのアラビアンな曲や、レゲトン、ハウスミュージック等もあり、アラブ楽器を伴わない演奏で踊ったりするダンサーもいて、現在は本当に幅広い音楽で踊られています。

しかし、本来のベリーダンスの醍醐味はやはり生演奏のフルバンドとのセッションやドラマーとダンサーで演じられるかけあいであるドラムソロにあります。
>>YouTube