ホーム > インストラクター紹介 > ロマ・ジプシーフュージョンダンス

ロマ・ジプシーフュージョンダンス

主にトルコのロマの特徴の8分の9拍子の楽曲を使うことが多くなっています。いわゆるジプシーの踊りの発祥地は未だに不明ですが、ルーツをたどるとインドが発祥の元だとも言われています。現在踊られるロマスタイルのダンスは、10世紀頃に東欧周辺、トルコ、スペインなどを放浪していたジプシー(国を持たないロマ民族)の踊りを元にしてダンサーそれぞれによって様々にアレンジされ踊られています。コスチュームは大きく広がるサーキュラーのスカート(10ヤード、それ以上のフレアスカート)、長いフリンジのスカートやベルトを合わせること多く、髪に大きな花を飾ったりとスペイン舞踏からインスパイアされたイメージがあります。広がるスカートを使った踊りもよく見られます。クラスでは、簡単な振付をレッスンします。

Atifa - Atelier Al Safar

atifasteamp.jpgAtifa/Atefeh
Atelier Al Safar主宰

音楽と踊りの幅広い知識をバックグラウンドに持ち、現在のベーシックをオリエンタルダンスとする。
ゴールデンエラのスモーキーな世界と、アーバン/コンテンポラリーな今のベリーダンスの両方を愛し、選曲と衣装、シチュエーションにこだわったTribal Fusion、World Fusion(ベリーダンスのフレイバーを持つ創作系の踊り)、Burlesque Fusion、そして伝統的でピュアなオリエンタルダンスなどを踊る。
>>つづきを読む

Donyiah(ラクスポリマ♍オリエンタルダンス/アート舞踊団 専属講師)

donyiahwhite.jpg中野ドニア誉子
ベリーダンサー/インストラクター
40年に渡り様々なダンスと共に生き、民族楽器の演奏までを幅広くこなす。 クラシックバレエ、モダンダンス、ジャズダンス、社交ダンス(ラテン)等、多くの舞踏経験を積む。ベリーダンスにおいては、エジプシャンスタイル、ターキッシュスタイル、サイーディースタイル、ベールダンス、アサヤ(ステッキ)ダンス、フォークロアスタイル、民族楽器フィンガーシンバル、タブラの楽器演奏、哲学等も身につける。
Photo by 高木陽春 >>つづきを読む

Maco

macomoerado.jpg下部に、生徒さんの声 有り!
まさに美魔女☆妖艶なベリーダンサーのMACO先生です。

バレエ、ヨガの経験を持ち、現在関西で活躍するほとんどの若手ベリーダンサーが師事、またはレッスン生だったTania Luiz氏から、数年に渡るプライベートレッスン等で技術を学ぶ。
2007年4月には半年に渡るプロコース/インテンシブコースでの研修を修了。
カルチャースクールや、Chilloutでのタニア・ルイーズ氏のアシスタント講師等も経て、2007年6月より独立し、Chillout にてクラスを担当。
現在は、多数のダンススクールやフィットネスクラブでレッスン中 >>つづきを読む

はじめての方へ
体験レッスン
発表会・イベント
ベリーダンスについて
ヨガについて
よくあるご質問
会員規約
ウェブ入会
ベリージャムダンススクール

Chillout Studioの姉妹校VeryJamDanceSkoolのホームページ。